fc2ブログ




















【第215話】右足を粉砕骨折したまま治療せずキャバクラのウェイターに・・・もう少しで山か海に家族ごと捨てられる時に父親と同級生だった小学校の先生に救われた

前回の続きになります

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の33)第214話:
『怖がってんじゃねーよ!』と罵声を浴びせられ
手持ちの大型グラインダーに
取り付けた研磨機の近くで作業させられ・・・
『おっと!手が滑った』と
言い放った男の後ろには複数の影がいた
https://occult110.blog.fc2.com/blog-entry-216.html



所持金は1万4千円

2020j18_20201004121200a12.png

私達家族には
光がありませんでした
オムツとミルクは欠かせません

求人広告を見ても
面接すれば何処にも断られる・・・
そんな日が続きました

交通費で
所持金が消えていきます

社長の娘が
『まだいるの?』
『迷惑なんだよ』と言いに尋ねてきました
怖い男たちを連れて・・・

驚きました
後ろに物凄く大きな・・・
自販機よりも大きな
女性が半分透けて立っているのです

霊障も
この娘か社長が原因だなと思いました
(社員も変な霊がついていましたが・・・)

後二日・・・
精神状態は
異常なくらいやばくなりました

相変わらず
別れろしか連呼しない義母に
『うるさい!』と初めて怒鳴ってしまいました

2020j14_20201004121154d6a.png

反発しないと思っていた私に言われて
驚いたのか電話を向こうから切りました

そんな時
京都の福知山で
スナック共働きの
新聞求人広告が目に止まりました

『足が悪くてもいい』
『容姿が悪くてもいい』
『えらかったら椅子に座って接客すればいいから・・・』
私にはこれしかないと思いました

近くの喫茶店まで
来てくれるというではありませんか

指定された喫茶店に行くと
コワモテのお兄さんが・・・

大丈夫かな?
一瞬思いましたが
愛想は良く福知山に行くまでの
交通費・引っ越し費用を出してくれました

あぁ・・・良かった

引っ越し荷物を赤帽に頼み
福知山へと向かいました
現地のスタッフが迎えに来るという事で
福知山に着くと・・・
高級外車に乗せられました

2020j13_202010041211532b4.png

そこで驚く事を聞かされたのです
離婚して
私は船に乗れ・・・
その前に
中国人女性と形だけの婚姻しろ

2020j17_2020100412115980a.png

妻には中国人男性と結婚する為に
中国に行けと言うのです
驚きました

そんな話は全く聞いていません

『話が違うんですが・・・』

『この状況でよく言えるよな!』
『怖い目に遭いたいのか!!』

喫茶店でしたが
この男と仲間みたいでした

必死に土下座して
『勘弁していただけませんか?』と訴えると

マスターが
『水のおかわりいります?』
と頭に水を注いできました

『勘弁してください・・・』
何度も何度も足にしがみついた

すると
この間に信用情報を探っていたのか

『あんまメリットねぇしな』と笑いながら
一本の電話をしていました

『お前んとこで使えや』と
聞こえてきました

すると
『喜べ!クズ野郎!』と
笑いながら車に乗せられました

連れて行かれたのは
広島県福山市のキャバクラグループでした

2020j11_20201004121150d49.png

私はウェイター
妻はキャバ嬢になれと

私の顔のアザを見て
気色悪い
こっちを見るなと
いつもキャバ嬢達に
コップの酒やゴミを投げつけられました

妻も容姿から他の

キャバ嬢に馬鹿にされる毎日でした

2020j12_2020100412115182d.png

そんなある日の事
いつもの様に出勤すると店長から
『逃げろ!今すぐ女房と逃げろ!』と言ってくるのです

どうやら
店が終わった今晩
私達夫婦と長男を“捨て”に行くとか・・・

2020j15_20201004121156dc0.png

旦那は風貌・足が悪い
女房は客もとれないのが理由らしいのです

『死にたくないんだろ?』
この時にようやく自分達の危機に気づきました

すぐに店長が
妻を用事とかで呼んでくれて
慌てて寮に戻り
最低限の長男オムツやミルクを持って逃げました

ですが相手は怖いヤクザ・・・
逃げようがありません

追われ続けて
新幹線に乗ったものの
次の駅で終わりを感じました

ふと頭の中に
小学校の担任の先生が
『この先ヤクザの事で困った事があったら電話しろ』と
言った言葉が浮かんできました

駄目元で小学校の担任に電話すると
『それならどうにかなるかもしれん』と・・・

すると
次の駅に着きましたが追ってはいません

もう一度
小学校の担任に電話しました

すると
『お前の親父がお世話になっていた人に連絡した』
『もう解決したから・・・』

皮肉にも
小学校の担任が父親と同級生のおかげで・・・
父親がヤクザの幹部という繋がりで助かったのでした

2020j16_202010041211575e8.png

担任の先生が
『結局・・・抜け出せなかったか』と大泣きしていました
私も泣きながら感謝と謝罪をしました

私と家族の命は救われたものの
家財道具を全て無くしました

それでも
妻と長男の命があっただけでも
幸いでした

この時
二度目の新聞求人を見て
初めての新聞配達・・・
大阪の新聞店に行ったのです


※画像はフリー写真素材
【写真AC】【イラストAC】
【Pixabay】より
イメージ画像として使用しています





精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?
アダルトアフィリエイトに最適ですよ



DVD/CDレンタル(44万タイトル以上!!)

関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/10/04 12:24 ] ヤバイ体験 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://occult.fc2.net/tb.php/238-d55ac91a