FC2ブログ




















【第170話】飛び込み自殺が起きると頭部が無くなる気味の悪い自殺名所の鉄道沿線・・・行方不明になった頭部は遠くの祠に置かれるという怪奇現象に地元の人達は震え上がった

これは某県の話しです

この県の鉄道沿線の一部では
飛び込み自殺が多く・・・
地形的にスピードが出やすい為か
遺体が広範囲に渡ってバラバラになるので有名でした

2018e5.png

運行再開が遅れ
遅延になるのも遺体の一部・・・
しかも頭部が見つからないのが原因でした

そんなヤバい場所で
気味の悪い事が連続しました

2018e4.png

かなり離れた場所に祠があるのですが
その祠の前に見つからなかった頭部が
置かれるという事がありました

しかも一回だけではありません

何度も何度も
そんな事が起きると
祠の祟りだと有名になり
土地開発が断念されたほどです

どうして何度も頭部が置かれるのか
色々な憶測が飛び交いました

ですが
どれも真実に辿り着けないまま
三年が・・・

2018e3.png

その間
祠には頭部が置かれ続けられ
地元の人は気色悪がり
誰も近づきませんでした

そんなある日の事です

近くのスーパーマーケットの駐車場に
頭部を加えた犬が走り抜けたのです

2018e1.png

それを見ていたのは
スーパーマーケット入り口で移動販売していた
たこ焼き屋さんでした

警察を呼んでの大騒ぎ
警察官が祠に向かうと
頭部はありませんでした

ですが翌日には
祠の前には頭部が置かれ・・・

まさか?あの犬が?
という事になりカメラを仕掛ける事に
二ヶ月後
祠に頭部を置くあの犬の姿が!

不思議な事に
祠に頭部が置かれるのは正面

地元の人の話しでは
顔の血を舐めてから
頭部をくわえて運んだと噂されました

そう噂されたのは
頭部からは血の1滴も垂れなかった事が
原因でした

そんな怖い祠でしたが
解明されてから
不思議と頭部が置かれなくなりました

犬が警戒したとか
あの犬は亡くなったのでは?の噂も飛び交いました

それ以来
飛び込み自殺の遺体の頭部は持ち去られる事も
遺体がバラバラになる事も無くなったそうです

2018e2.png

ただ不思議な事に
それ以来
遺体からは顔の皮が無くなったそうです

衣服の乱れも無く
列車とぶつかったとしても
説明がつかなかったとか・・・

地元の人は
あの犬が持ち運びできないからと
顔の皮を食べていると噂しました

あの祠に何故
頭部を置いていったのか・・・
未だに解決されないまま
祠の存在は不思議のままでした

貴方の周りにも
列車の遅延はありませんか?

その遅延原因は
飛び込み自殺で・・・
遺体の一部が見つからないかもしれません


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています



精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?
アダルトアフィリエイトに最適ですよ



DVD/CDレンタル(44万タイトル以上!!)

スポンサーサイト



[ 2020/06/05 00:28 ] ヤバイ話 | TB(0) | CM(0)

【第167話】豚に肉を裂かれ血を吸われる・・・残忍な海外マフィアの人間処理方法はえぐかった!人間のDNAが出現するのも喰われた者達の怨念のせいだけなのか

皆さんは
人間のDNAを持った豚を知っていますか?

今回はキメラとは少し違う話です

人とブタのキメラから臓器をつくり出す。
万能細胞を用いて再生医療の高みへ。
研究ピックアップ 「農LABO」近畿大学農学部の研究にせまる
https://www.nara.kindai.ac.jp/labo/research/005.html


偶然の産物とかいう学者がいますが
果たしてそうでしょうか?

人間のDNAが
偶然にも取り込まれる事はまずあり得ません

2017c1.png

消化酵素の働きでアミノ酸やペプチドに分解され
体内で利用あるいは排泄されます
これは豚でも同じ事・・・

よくある質問|遺伝子って何ですか。
遺伝子を食べても平気ですか。
バイテク情報普及会
https://cbijapan.com/faq/basic/91/


以前から
その様なケースは多々ありましたが
ほとんどのケースが人間を
何らかの形で食していたのです

人間を食べて
人間のDNAが取り込まれた・・・
ケースが多いのです

2017c3.png

それとも食べられた人間が
豚に変化を持たらしているのでしょうか?

科学的に理解できない!という事で
科学者達は困惑していました

キメラでは?と話を終える者がいますが
今回の話は
そんな偶然の“産物”ではないのです

それは生きたまま食べられた人間の
怨念が絡んでいるのです

人食を好む豚がいるのです

2017c2.png

しかも霊媒師さんの話では
一人二人ではないとか・・・
日常的に人間を摂取
毎日食べているというのです

海外のマフィアがよく使う手です

豚は見かけで大人しく思われがちですが
雑食で貪欲
人が抵抗してもねじ伏せ
衣服を破きながら
人間を好んで食べるといいます

マフィアもその食べる様を見て
興奮しているとか・・・

必死に抵抗し
叫びながら喰われる人間を見ては
狂喜しているのです

人肉は飛び散り
血が辺り一面に流れるも・・・
一滴残さず豚は食べ尽くすとか

2017c4.png

凄まじい怨念を生みそうですね
人間のDNAが出現するのも
これでは不思議ではありません

貴方の周りにもありませんか?
貴方の口にしている豚は
人間のDNAを持っているかもしれません

これも都市伝説の類でしょうか?


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています



精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?
アダルトアフィリエイトに最適ですよ



DVD/CDレンタル(44万タイトル以上!!)

[ 2020/04/27 12:44 ] ヤバイ話 | TB(0) | CM(0)

【第152話】『遊ぼ?』という声が廃神社の方から何度も聞こえた・・・声の主は廃神社から覗く巨大な眼だった!もう少しで神隠しに遭うところだったのか!?

これは
私が小学2年生の時の話しです

大阪でも父親の追跡から逃げる為
愛媛県に移り住んでいました
相変わらず母親は
風俗勤めで・・・
私は夕方からはいつも一人でした

荷物もなく
服は3着に増えたものの
テレビすらなく
孤独と暇を持て余していました

近くには
公園と廃れた神社がありました

2017t1.png

この廃神社は見ただけで
ぞっとする感じがいつもしていました

ある晩の事です
20時くらいでしょうか?

公園の方から
私の年齢と同じくらいの声が・・・

『遊ぼ?』
はっきり聞こえました
私を呼んでいる感じでした

祭りかな?
近所の子かな?

2017t2.png

そう思いながら
公園に行くと
さっきの光や声の主がいません

キョロキョロしていると
ビクンと何かを感じて廃神社の方を見ると
廃神社の後ろに巨大な眼を見ました

2017t5.png

そこからは必死です
家に帰ろうとするも
何故か力が抜けて這いつくばりながら
家の中に入りました

家の中に入った途端
先程の声が
『遊ぼ?』と何度も言っていました

耳を押さえながら
布団の中で震えていると・・・
チッチッと何度も舌打ちみたいな音が

2017t4.png

後から知った事ですが
そこの公園は
昔から神隠しに遭うと評判で
神社に参る人もいなくなったとか

それにしても
あの眼は何だったんでしょうか?

貴方の周りにもありませんか?
巨大な眼で見られているかもしれません


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています



精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ くる天 人気ブログランキング


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?
アダルトアフィリエイトに最適ですよ



DVD/CDレンタル(44万タイトル以上!!)

[ 2020/03/11 07:59 ] ヤバイ体験 | TB(0) | CM(0)

【第140話】古い卒業アルバムを見てはいけない理由『なんでお前は生きてるの?』死去した同級生の死霊が連れていこうとする・・・アルバムが偶然見つかるのは死霊の罠かもしれない

よく物置や閉まっていた段ボールから
昔の卒業アルバムが出ませんか?

2016s1.png

これは私が
つい最近経験した事です

霊媒師さんから
親戚が40年振りに訪ねてくるけど
金貸しても戻らないし
絶対に保証人になってはいけない

そして持ってきた卒業アルバムは
絶対開けたら駄目・・・
見ると死ぬと言われました

親戚?
私には親戚と呼べる者はいません

すると6日後
従妹の子供
従姪が風貌の悪い男と訪ねてきました

すぐに
お金の話しや保証人の話しをしてきました

どうやら男は旦那ではなく
付き合っている?という感じでした

霊媒師さんの言う通りに断ると
遠路はるばる卒業アルバムを
持ってきたと言うのです

2016s3.png

『辛い思い出しかないからいい』と
言うのに開けようとするのです

開けたら死ぬ
見たら死ぬの霊媒師さんの言葉が
焼けついて頭から離れません

嫌だと言うのに
男は何度も開けようとするのです

『だから見たくないと言ってるだろ!』と怒鳴りました

『もう出ていけ!』と追い出しました

次の日
朝早くに霊媒師さんから電話が・・・

『何度も危なかったね』
まるで見えている感じでした

『あの男は死霊を運んでいる』
『人を殺した事がある』と聞かされました

確かに風貌がよくありません

従妹や従姪にはかわいそうですが
まだ私も孫の顔が見たいので心を鬼にしました

借金問題は自分で解決する問題です
私も子供を抱えながら長年苦労しました

やっと10年前に
25年の苦労から解放されたばかりです

しかも
死霊に憑かれている場合ではありません

2016s5.png

話は変わりましたが
何故
昔の卒業アルバムを見てはいけないのか?

卒業アルバムを開けて見ると
霊感の強い人は
声が聞こえるといいます

『何故貴方はまだ生きてるの?』

おじいちゃん
おばあちゃんが昔の卒業アルバムを見て
しばらくして死去するケースは
ほとんどが同級生の死霊に連れていかれたのです

2016s2.png

中には
『仲が良かったからね』という人達がいますが

あの世に連れていく友人が
本当に仲良しでしょうか?

分りやすく言えば
体育館の裏に・・・
屋上に連れていく友人は
仲良しと言えますか?

『なんでお前は生きてるの?』

これは死霊というより
悪霊です

2016s4.png

仲の良い友人を
あの世に連れていくのは
友人のする事ではありません

貴方の周りにもありませんか?

偶然
卒業アルバムが見つかったと
思っていませんか?

それは死霊が仕組んだ罠かもしれません


※画像はフリー写真素材【写真AC】
【イラストAC】より イメージ画像として使用しています



精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ くる天 人気ブログランキング


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?
アダルトアフィリエイトに最適ですよ



DVD/CDレンタル(44万タイトル以上!!)

[ 2020/02/28 16:08 ] ヤバイ話 | TB(0) | CM(0)

【第131話】ヤバイ海の魔物に狙われた漁師達・・・襲われた4人の漁師達はサメに噛みちぎられたようにバラバラという不可解な壮絶死を遂げた

これは広島県呉市の警固屋に住む
漁師である叔父さんとの話です

私が小学4年生の夏頃
漁に連れて行ってくれると連絡がありました

新しく譲り受けた漁場らしく
魚影が濃いとの事でした

『夕方は危ないから・・・』
この言葉の意味がわかりませんでした

朝の6時に漁に出ました

漁場は意外と遠く
30分くらいかかりました

20162_20200215060926933.png

『あの島を避けてきたから時間かかった』と
言うのです

質問すると
不機嫌になる叔父さんでしたが
この時ばかりは尋ねました

『どうしてあの島を避けるの?』
『あの島の周りには恐ろしいものがいる』

ピンときました
サメだ

『サメ?』と聞きました
すると『招くから聞くな』と怒鳴るのです

2016_202002150609244e9.png

怒鳴られてしまったので
それ以上聞けません
モヤモヤが止まりませんでした

叔父さんの顔色を伺いながらの
漁の手伝いは苦痛でした

ですが
それを打ち消すかのように漁は大漁でした

昼過ぎでしょうか
さっきまで快晴だったのに
物凄く暗くなりました

叔父さんの方を見ると血相を変えた表情で
漁船のエンジンを操作していました

辺りを見ると
何とあの島の近くでした

『顔を出すな!伏せてろ』と
言いながら近くにあった
ビニールシートをこちらに蹴り寄せました

『それを被れ!早く!』
叔父さんは怒鳴りました

『伏せてろ!伏せてろ!』
物凄い慌てようでした

その時です
深いはずの海なのに
船底にコツンと何かが当たりました

またコツンコツンと
何かが当たりました

船の揺れに
全く合っていません・・・

明らかに
何かがぶつかっている感じでした

すると船がグルグルと回っている感じでした

20161_202002150609251af.png

叔父さんも急に船底にしゃがみました

すると釣具ケースみたいな木箱から
藁人形みたいなものを取り出すと
いきなり小さなナイフで左の手のひらを切り
その藁人形に血をなすりつけていました

するとその藁人形を
海に向かって思いきり遠くまで投げ込みました

するとさっきまで遊園地のコーヒーカップのように
回っていた船が
ゆっくりと・・・
回転が止まっていきました

叔父さんは急に船のエンジンをかけて
『前に行け!』と怒鳴るのです
言う通りに這いながら前の方に行きました

物凄い勢いのスピードを出しました
まるで暴れ馬のように船は
上下にバサンバサンとなっています

帰りはあっという間に着きました

20163_2020021506092793c.png

船つき場に着くと
周りにいた同じ漁師に向かって
『塩撒いてくれ!』と言いました
葬式みたいに身体に撒くのかな?と思ったら
船に塩を撒いているのです

それでも
陸にあがっていいと言われません

時々飛んでくる塩が
目に痛くて体育座りで顔を伏せていました

すると服を脱げと言うのです
叔父さんも服を脱ぎました

20164_20200215060929701.png

すると普段から
焚き火に使っているドラム缶の中に
投げ込みガソリンをかけて燃やしていました

『臭いをつけられるからな』
子供心に不思議でした

体臭は一緒なのに?
ほっとした安堵感からか
叔父さんの顔色が穏やかに見えたので尋ねました

『どうして服燃やすの?』
すると叔父さんは
先程とは打って変わって顔色が変わりました

『あいつは普通のサメじゃない』
『陸にいても安心できん』

不思議でした
陸にいるのに?

尋ねようとしたら
叔父さんは自ら続きを教えてくれました

あの二匹のサメに狙われると
不幸な事が起きるというのです

4人の漁師達が
次々と怪死したと言うではありませんか!

1人目は車を運転中にトンネル内で
2人目は家の中で
3人目は漁の最中に
4人目は茨城県の実家で

20165_20200215060930adc.png

不思議な事にばらばらに噛みちぎられて・・・
まるで
サメに噛みちぎられたかのようだとか

叔父さんに
この漁場を譲った人は
唯一の生存者らしいのですが・・・

生き延びたのは
その人の様子を見ていた他の漁師が
陸に上がる前に
服を燃やしている異様な光景を見た事から

助かったのは
服を燃やしたからか!?と噂されていました

その人は怖くて漁師を止めて
毎日
鉄製の鎧を着ているそうでしたが
家族に精神病院に入れられてしまったとか

叔父さんは
『今日で漁師止める』言いました
やはり相当に怖い存在なのでしょうか

その日に漁師を止めて
家族と共に
海の無い埼玉県に引っ越して行きました
私も現在まで無事です

叔父さんは86歳で亡くなりましたが
老齢での衰弱死だったので
あの服を燃やした行為は
間違っていなかったと思います

貴方の周りにも
踏みいってはいけない海域がありませんか?

そこには
ヤバイ魔物が住んでいるかもしれません


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています



精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ くる天 人気ブログランキング


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?
アダルトアフィリエイトに最適ですよ



DVD/CDレンタル(44万タイトル以上!!)

[ 2020/02/15 06:21 ] ヤバイ体験 | TB(0) | CM(0)

【第124話】廃トンネルの肝試しで上から大きな足がきて押し潰した!?逃げ延びた友人もベッドごと潰れて圧死の不可解な死を遂げるという結末に・・・神罰を下せるほどの者の正体とは

これは
大学1年生の時の話である
夏も終わり秋の紅葉が
ちらちら見かけていた頃だ

この時はまだ
下記の記事に書いた
大学から紹介された学生寮みたいな
集合アパートに住んでいた

【第10話】配線が無くても鳴り続ける不思議な呼び鈴
http://okaruto110.blog.fc2.com/blog-entry-12.html

電話は無く
2F出入口に公衆電話がついていた

夕方
ジリジリンと公衆電話が鳴った

受話器を取ると
珍しく私宛の電話だった

病院からだったが何故?
私を呼んでいる者がいると言う

よく聞いてみると
高校時代の同級生だったYからだった

「悲惨な事故をされて・・・」
それ以上は語らなかった

夕方から始まる講義を休み
その病院へと向かった

そこには
包帯グルグル巻きのYがいた

声をかけると
「お前なら分かってくれるよな!」
「お前なら・・・」
何度も繰り返すのである

そこに居合わせた家族の中に
お母さんがいたのだが
「息子は頭がおかしくなって・・・」
「あの子の話に付き合ってもらえますか?」と
涙を流すのである

部屋に戻りYに尋ねた
「何があったの?」と言うと
「俺も殺されるかもしれん」と言うのである

ヤクザか何かと思ったら
広島の幽霊トンネルの話をしだした

「そこは鉄の柵あるだろ?」と言うと
友達4人で外して
車で中を走ったらしいと言うのだ

男女4人
もう一人の男性の名は私も知っている者だったが
ほかの女性二人はスナックの女の子だという

話を聞いていくと
どうやら肝試しに行ったみたいだ

トンネルの真ん中で
いきなり車が上から潰れたという・・・
信じがたい話だ

他の3人は押し潰され
Yだけが車外に放り出され
助かったというのだが・・・・


無題142

そこで
Yが見たのは大きな足だったという
足から上は見えなかったらしい

そこで彼はいきなり興奮し
「皆あいつに殺されたんだ!」と叫びだした

計器の異常を感じてか
看護婦さんが慌てて来て病室から追い出された
叫びまくるY・・・
妹らしき女性とお母さんは泣きじゃくっていた

これは
私がどうする事も出来ないと直感した

夕方遅かったが
いつもお世話になっている
お寺さんに連絡してみた

事情を説明すると
「●●トンネル!?」と驚かれ
「無理や勘弁やで」と電話を切られてしまった

その当時
霊媒師さんみたいな方の連絡先を知っておらず
途方に暮れた

そもそも
●●トンネルは呪われているのか
疑問に思った

図書館に行き
●●トンネルについて調べてみた

事故や落盤が相次いでの閉鎖とまでしか
分からなかった

そんな中
話を聞いたお寺さんの
同級生の息子から連絡が・・・
彼にとっても同級生の惨事である

彼の話によると
お父さんである住職は怯えているらしい
そのくらい悪霊なのか
それ以上は聞き出せなかった

だが彼も協力するという
警察署へ訪ねてみた

何度も門前払いされたが
「●●●に行くといいよ」と一人の警察官が教えてくれた
事情に詳しい人が退職して
呉の商店街で喫茶店を営んでいるという

その喫茶店に行ってみた
マスターに
「●●トンネルの事故で聞きたいのですが・・・」と言うと
関わりたくないから退職したという
きっぱり断られた

退店をやんわりと促されたが
帰り間際に
「生き残ったYは同級生なんです」と言うと
「あれはね・・・踏まれたんだよ」とポツリ言い出した

「俺も信じているんだよ踏まれたと・・・」
車の痕には足の型が残っていたという

だが
上の指示で揉み消されたとか

「●●トンネルみたいな事は初めてではないんだよ」
その話に驚いてしまった

もう何台も何台も同じ事が起きたのだとか
足跡もはっきり残っていたとか
全てトンネル内での操作不良による横転事故で
片づけられたという

お祓いしようにも
何度も失敗しお祓い者も
不可解な事故を遂げたという
圧死だそうだ・・・

何も無い所で圧死

この元警察官は
今でも《トンネルの足の持ち主》が
踏んづけたと思っているらしい

同僚も何人か不可解な事故を起こして
慌てて退職したのだそうだ

「もういいか?」と声を詰まらせるマスターの様子に
食い下がれなかった

「お祓いできる人いないかな」
私の言葉を聞いてお寺さんの息子は
何人か心当たりがあるという

その日はそこまでにと
急いで広島市内に戻った

アパートに戻ると
Yのお母さんから電話があったとメモが
深夜でもいいから電話をくれとの事だった

電話をかけると
「通夜に来てもらえますか?」と言うのである
その場で私も泣き崩れてしまった

「そんな感じではなかったのに・・・」と私が言うと
「ベッドごと潰れて・・・」
不可解な死に方だったらしい

病院も早々と霊柩車を手配してくれただけで
何も触れなかったそうだ

通夜に行った
そこにはお寺さんの息子も姿があった

「あの件だけど・・・」
お寺さんの息子は重く口を開いた


無題141

「あれ天狗様らしい」
「人が近づくべきものじゃないって・・・」と言うのである

どうやらあの●●トンネルに近づく者は
神罰が下る様だ

その4か月後だろうか
●●トンネルは塞がれたと聞いた
もう肝試しはできないと・・・・

貴方の周りにも
不可解な事故が起きるトンネルはありませんか?
鉄柵で覆われている廃トンネルありませんか?

入れないようにする理由は
単なる危険を防ぐ為ではなく
神罰から人を守る為ではないだろうか

肝試しという軽い気持ちや好奇心から
その鉄柵から先は入ってはいけません


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています




精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ くる天 人気ブログランキング


このブログと同じFC2ブログしませんか?
アダルトアフィリエイトに最適ですよ



DVD/CDレンタル(44万タイトル以上!!)

[ 2019/07/15 23:48 ] ヤバイ話 | TB(0) | CM(0)