FC2ブログ




















【第173話】通る度に何度も意識を失う・・・呪われた場所なのか?意識を失った中で見た手を振りながら近寄ってくる若い女は実在し『終わりだ!お前は終わりだ!』と叫んで殴りかかってきた

これは私が高校二年生の時の話しです
学校帰りに不思議な事が起きました

急に地面の下に落下したのです

実際は・・・
見た人の話しによると
私は崩れるように倒れたそうです

ほんの数秒ですが
私は変なものを見ました

海の砂浜の上で
遠くから
手を振っている見知らぬ若い女性がいるのです
顔はぼやけて・・・
20代前半でしょうか

2020q2.png

ですが
二回目の栄養不良から数ヵ月の事だったので
病院からは栄養不良が
関係しているのではないかと診断されました

ですが次の日
また同じ道・同じ場所付近で同じ体験をしました

また
海辺であの女性が手を振っているのです

今度ははっきりと顔が見えて
前よりも近づいていました

2020q3.png

美人でしたが
気持ち悪く感じました

また気づいた時には病院で・・・
原因がわからないから
『入院したら?』と言われました

私には分かっていました
あの場所・あの女が原因だと・・・

私は次の日
まったく違う道で帰ろうと思いました

すると帰宅しようとすると
学校の校門前で
私を呼んでいる若い女性がいるとか

学校中が
大騒ぎするほどの美人でした

『あの女だ・・・』
おそるおそる二階の窓から覗くと
こちらを見て手を振っているのです

2020q1.png

あの場所で見た顔です
あの女でした

『ヒューヒュー』
同級生や回りは冷やかしています

『なんで行かないんだよ!』
同級生の声が鬱陶しく感じました

先生に言って
追い返して貰おうと思っていたら
いつの間にか二階の教室内まで入ってきて・・・

『終わりだ!お前は終わりだ!』と
叫んで殴りかかってきました

2020q4.png

この騒動に
やっと先生達が駆けつけてきました

男の先生二人でも止める事が出来ず
走り去られてしまいました

翌日
不法侵入容疑で地元新聞に
載っていました

その後
警察も来ましたが
あの女は誰であるか特定されませんでした

あの場所・あの女は
何処に消えたのでしょうか

あれから
その道は絶対に歩きませんでした

もしまた遭ったら
今度こそ無事には済まなかった気がしたからです

貴方の周りにもありませんか?
ヤバイ場所は至る所にあります

これも都市伝説の類でしょうか?


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています



精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?
アダルトアフィリエイトに最適ですよ



DVD/CDレンタル(44万タイトル以上!!)

スポンサーサイト



[ 2020/06/13 08:04 ] ヤバイ体験 | TB(0) | CM(0)

【第21話】通ってはいけない場所・・・そこで待ち受けていたのは不気味な二匹の犬だった

これは私が学生の時の話である

当時
広島県尾道市に住む
女性と交際をしていた

夜23時頃だったろうか
原付バイク
広島市内に帰る途中
●●の手前の某神社辺りで
2匹の犬に追いかけられた

時速30km・・・
普通ではない

右手は山
左手は海で街灯も無く
暗く不気味な所だった
無題222228u0964990t5oop-060094oo5y^65659556o8

(画像はイメージです)


『グルルル・・・』
鈍くて低い音が聞こえた

原付のバイク音より
ヘルメットをかぶっていたにも
関わらずはっきりと聞こえた

何だ?
ハっとすると・・・
右手の山の急斜面から
二匹の犬が物凄い速さで降りてきた

『グルルルル・・・』

右から左から挟まれて追いかけられた

え?
わ!何これ!!
バイクがこけそうになるほど
慌てた

すると次の瞬間
足に噛みつこうとするではないか

今でもはっきりと覚えていないが
動転して30㎞以上は
出していたかもしれない

それでも・・・
二匹の犬はずっと追いかけている

何度も足で振り払ったが
ついに右足を噛まれ
あまりの痛さに転倒してしまった

転倒した時
右側にいた犬を下敷きに
轢いた感じだった

『ギャワン!!』

犬の鳴き声もはっきりと聞こえた

路面をバイクと一緒に転んでいく
やがてバイクの照明も消え
全てが暗闇に・・・
全く対向車も無い気味の悪い場所だった

少し意識が遠のいていたのか
脳しんとうを起こしていたのか
分からないが
身体が動かなかった

その時である

ヘルメット越しだったが
二匹の犬が覗いているのに気づいた
フェイスガード越しに
睨みつけているのである

もう一匹無事だったのが
不思議だった

私の方といえば
身体も動かず声も出せず・・・
異様な恐怖感を感じた

『パキン』

え?

自分の胸の辺りから
金属が割れる音がした・・・

骨が折れたのか?
自分でも分からなかった

音に気を取られて
再度
犬の方を見ると・・・

恐怖で震えてしまった

人の顔だった・・・

老けた男性の顔が・・・

二匹とも人の顔だった・・・

その恐怖からなのか
『あっあっあ・・・』
自分でも意味の分からない
言葉を発してしまった

すると
パァァァァァァーン!!!

大型トラックがクラクションを
鳴らしながら急ブレーキを
かけていた

もう少しで轢かれる寸前・・・
目の前に大きなタイヤが!!!
心臓がバクバクだ

『馬鹿野郎!!ボケがぁ!!』と
大型トラックの運転手に怒鳴られた

『すいません!!』
あれ?
声が出た・・・

『何やってんじゃわれ』と言われたので
『人の顔をした犬に・・・』と言いかけると
パァァァァーンとクラクション鳴らされて
『見ても言うな!!』と怒鳴られた

意味が分からなかったが・・・
黙るしかなかった

『照らしてやるけバイク避けろ』と言われ
道路脇にバイクを置くと
大型トラックの運転手が降りてきた

殴られる様な剣幕だった

だが
バサバサバサバサ

ペッペ・・・塩辛いし
目が痛い

塩・・・

塩を大量にかけられた

『無事で良かったな』
『ここは事故でよう死ぬけ』
『帰ったら朝一番に寺に行けや』

何かヤバイらしい・・・
こんなごっついトラックの運転手が
妙に怖がっている感じが
更に恐怖感を煽った

怖そうな感じの人だったが
街灯のある場所まで着いて来てくれた
明るいトラックのヘッドライトは
妙に安心感があった

別れ際に
『気ぃつけやぁー!!』と
パァァァーンと
クラクション鳴らされて・・・
さすがに住宅も近くにあったので
冷や冷やしながら
何度も何度も頭を下げて
その大型トラックを見送った

そんなこんなで何とか
家に辿り着いたのは
深夜2時だった

着替えると・・・
異変に気づいた
無題222228u0964990t5oop-060094oo5y^65659556o88

(画像はイメージです)


お守り袋を常にぶら下げて
いたのだが・・・
カシャカシャと異音がするので
お守り袋を開けて見ると・・・

金属製の身代わり不動明王が
割れていた

転んだ時に割れたのか
アノ不気味なものから
身代わりになってくれたのか
その時は分からなかったが
翌朝
真言宗のお寺に相談しに行くと
なんと私に
7人くらいの集合霊?らしきものが
憑いていたそうだ

とても強い地縛霊
通ってはいけない場所を通ったらしい

でも・・・
その内の2人は
違う所の霊だと言われ・・・
聞いた時は驚いた

当時
付き合っていた女性はバンドの
ボーカルをしていたのだが・・・
その彼女に
憑きまとう生霊だったらしい

彼女にもお祓いをしてもらおうと
説得してみたのだが
宗教が違うとか
気持ち悪いとかで・・・
それ以来
気まずくなり・・・
疎遠となり別れた

だが去年の夏に
帰省した際に
故郷の友人から聞いた話では
28歳で自らこの世を去ったと
聞いた

『やっぱりそうなるのか・・・』
説得できなかった
自分に情けなく涙が止まらなかった

あの生霊が原因なのか
私には知る由がありませんが
あの時の犬の“顔”は
悪意に満ちていました

もし
身代わり不動明王のお守りを
つけていなかったら・・・
どうなっていたのでしょうか?

それにしても
通ってはいけない場所があるとは・・・

貴方の周りにも
そんな“場所”があるかもしれません

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ くる天 人気ブログランキング


このブログと同じFC2ブログしませんか?
アダルトアフィリエイトに最適ですよ



DVD/CDレンタル(44万タイトル以上!!)

[ 2016/06/16 04:55 ] ヤバイ体験 | TB(-) | CM(0)