fc2ブログ




















【第185話】図書館の本の中からヤバイ心霊写真が出てきて悪霊に執拗に追いかけられた・・・竜神さまが声をかけてくれた修行僧に救われ危機一髪だった

貴方は図書館に行きますか?

本を手にした時
中からしおりを見つけた事がありますか?

2020d5.png

もしそれがしおりではなく
手紙だったら・・・
気色悪いものを感じると思います

写真だと
恐怖しか感じません

これは私が高校三年生の時の話しになります
夏の頃でした

私の部屋はプレハブで
炎天下だと室温40℃以上になりました

母屋に鍵をかけられる事が多く
(母親が男を連れ込んでいるので・・・)
トイレにも冷蔵庫のお茶でさえ飲めない状況でした

母屋にはエアコンがついていましたが
男が訪ねてくると
鍵をかけられる毎日なので
私にはエアコンを使う術がありません

夏は
呉市の図書館しか
私の居場所がありませんでした

2020d3.png

飼い猫は母屋のエアコンの部屋にいるので
少しは気が楽でした

小遣いは五百円
参考書に金を使うので
ジュースさえ買えません

前にもツイッターで報告しましたが
呉で一番と言われるほど
嫌われている両親でしたので
何処にも働けませんでした

何度も『人柄を見て判断して欲しい』と言いましたが
『カエルの子はカエル』と言われる事がほとんどで
高校で一番の成績でも
アルバイトすらできない
警察官の道にも進めない状況でした

いかに親達が
素行悪く人に迷惑をかけてきたのか
思いしらされる毎日でした

母親も8人兄弟・姉妹の末っ子でしたが
他の兄弟・姉妹から距離を置かれ
いとこにさえも会わせて貰えない・・・
付き合いが全くありませんでした

ただ宗教に狂った三番目の叔母は
下心があって私に何度も
宗教に入るよう勧誘を繰り返していました

もし
この時・・・
私がご先祖さまを裏切り
他の宗教に走っていたら
ご先祖さま・守護霊さま・龍神さまの加護がなくなり
最悪の極悪人になったと
後で霊媒師(霊能力者)さんに聞かされました

たかが宗教ですが
ご先祖さまの許しなく
改宗する行為は愚かで危険な事です

さて話は戻り
いつもの様に自転車で呉市の図書館に行き
いつもの席に座って読書していました

2020d4.png

時々読むのが
ハーレクインロマンス
高校生ながらドキドキしながら読んでいました

そんな時です
ある一冊のハーレクインロマンスを読んでいると
マジックで
『次の頁へ』と殴り書きがありました

嫌な予感がしましたが
おそるおそる次の頁をめくると
見てもいないのに
頭から背中にかけて
冷水をかけられたみたいにビクンとしました

2020d6.png


ぱらっと写真が机の上に・・・

男女二人で写った写真で
男の人の頭の部分に
小さな赤ちゃんが
誰かに抱っこされているかの様な向きで映っていたのです

この時代
合成はありません

見た瞬間
これは凄くやばいと感じました

図書館内は
エアコンが利いているのに
カッターシャツは汗で濡れかえるほど
異常なくらい冷や汗がでました

写真を元の頁にしまい図書館から慌てて出て
自転車置き場に行くと
自転車が事故に遭ったかのように
ペシャンコになっていました

自転車にも
身代わり不動明王さまをつけていたのですが
包んでいるはずのお袋が燃えていました

袋の部分だけ燃えていたのですが
中の身代わり不動明王さまは見当たりません

警備員の人が
『あんたの自転車?』と言うので
『はい』と答えると
若い女性が自転車を叩きつけていたそうです

若い女性?
周りを見渡すと
図書館の端からこちらを見ている女性が・・・

2020d2.png

これはやばいと
警備員の人に
『後で取りに来ます』と伝え走って家に向かいました

体力には自信があった時です
(栄養不良にはよくなりましたが・・・)
マラソン大会でも学年二番でしたので・・・

ですが
どれだけペースをあげても
その女性が追いかけてくるのです
怖くなりました

それから三十分くらいでしょうか?
まだ追いかけてきます

そんな時です
自転車に乗ったおまわりさんが!

『助けてください!』
『女の人に追われているんです!』

2020d1.png

指を差しながら
おまわりさんに教えようと
振り返ると誰もいません

隠れる場所は何処にもありません

不思議でした
直線道路でしたので・・・

変な顔をしながら見ている警察官に
『おさがわせしました』と頭を下げ立ち去りました

後ろを時々振り返りながら歩いていると
目の前から修行僧みたいな人が・・・

すれ違う時に
『もう大丈夫だから』と言うのです

そこに立ち止まり
お経を唱えだしました

『早く帰りなさい』

その声を聞いて
振り返ると
修行僧の前に
あの若い女性が立っていました

『竜神さまの行為を無駄にするな!』
『貴方は早く帰りなさい!』
荒く言われて驚きました

走って帰りました
相変わらず母屋には鍵をかけられていました

それから
四時間くらいでしょうか
鍵を開けられるまで布団をかぶって震えていました

それから
その若い女性を見る事はありませんでしたが
あの写真はかなり危なかったと思います

貴方も図書館でそんな経験ありませんか?

本の中に挟まった手紙と
写真には気を付けてください


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています



精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?
アダルトアフィリエイトに最適ですよ



DVD/CDレンタル(44万タイトル以上!!)

スポンサーサイト



[ 2020/08/13 23:46 ] ヤバイ体験 | TB(0) | CM(0)