FC2ブログ





















【第163話】鬼の様な行政の者に追い詰められて2度目の自殺を決断してしまった!横浜市港北区の事故で左腕・左脚が赤黒く紫色し動かなくなり・・・心身共に疲れてしまった

【二度目の自殺未遂】

港北区の一件で心身共に疲れました

【第160話】
土砂降りの中いきなり歩道から目の前1mの位置で
老人が走って飛び出してきた・・・
警察官の『あんたが轢いたと言えばすぐに解決するんだよ』と
いう言葉に怒りで身体が震えてしまった
https://occult.fc2.net/blog-entry-182.html


紹介された店を解雇され
次の店に挨拶に行く途中で異変に気づきました

左腕・左脚が動かなくなり
見てみると両方とも赤黒く紫色でした
びびが入っていそうな気配でした

人売り業者に指示された店も酷く
区域は一年後
大規模な立ち退きの場所で
営業してもお金になりませんでした

区域は文化住宅が中心でマンションは無く
私みたいな貧困層が集まる住宅だらけ
悩みに悩んでいました

2017l8.png

どんどん動かなくなる左腕と左脚・・・

行政にも相談に行きましたが
『新聞店で前借りして家を借りたら?』とか
実現不可能な事ばかり言われました

子供達のオムツ代・病院代に困り
金融機関に行くも
新聞屋という理由で断られました

行政からの支払い催促も酷く
市の職員二人がチンピラみたいな口調で
玄関先でまくしたてていました

何度も分割払いでお願いしたのですが
『一括で払え』の一点張り

『払わない限り毎日来ますよ?』と脅して帰りました

さすがに
この時は疲れました・・・

『ごめん疲れた』と妻と子供達の顔を見ながら
手で涙を拭きました

外に出るとバイクに乗って
自殺する場所を探そうと思いました

2017l6.png


そういえば
区域内にやばそうな場所があったのを思い出し
広い県道に出ると
なんと凄いスピードで逆走しているBMWが!!

思いきり轢かれました
そこから意識がありません

気がついた時は病院のベッドでした

2017l1.png

しかも個室・・・

慌てました
今の私には払えません

ナースコールをしようと思った途端
自分の置かれている状況に驚きました

腕も脚も頭も何もかも・・・
固定されていました

2017l2.png

しばらくして看護婦さんが来たので
『個室は困るんです』と言うと
『轢いた人がこちらにと・・・』
『費用は向こう持ちだから』と言うのです

そして驚いたのは
2日間意識が無かったとか・・・
頭蓋骨も骨折していたそうです

2017l5.png

『右腕と右脚は前からひび入っていたかも』と言うと
後からきた医師に
全部治して貰えるから心配しないでと言われました
(※工場で遭った右足の粉砕骨折は言えませんでした)

【第72話】
妻を変えれないのは全て男の責任・・・
全て許して心を豊かにして逝こうと思います
https://occult.fc2.net/blog-entry-78.html


翌日
轢いた人の弁護士が来て
全て任せて欲しい
休業保証も慰謝料も出すから
他言は無用でと・・・

2017l7.png

看護婦さんの話しだと
轢いた人は名のある権力者で
同乗していたのは愛人とか・・・

婿入り養子だから
必死に隠蔽したかったとか・・・

でもそのおかげで
お金が工面できて
行政の取り立てから解放されただけでも
ほっとした自分がいた

2017l3.png

情けないやら
嬉しいやら喜ぶに喜べなかったが
もう少しでお金で自殺するところだった

貴方も経験ありませんか?
人生は何があるか分かりません

辛い時にこそ
早まってはいけません


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています





精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?
アダルトアフィリエイトに最適ですよ



DVD/CDレンタル(44万タイトル以上!!)

スポンサーサイト



[ 2020/03/28 20:17 ] ヤバイ体験 | TB(0) | CM(0)

【第162話】津祭りで娘に足をひっかけて転ばした者がヤクザの組長の名刺を見せつけて脅してきた・・・ぐちゃぐちゃの名刺でおかしいと思い連絡をとったら予想の展開に

これは13年くらい前の話しです
三重県津市の津祭りの時の事です

家族を連れて屋台巡りしていました

2017j5.png

裁判所前を通りすぎて
津市役所の方に向かっていると

歩道で塀に寄っ掛かっていた
3人組の1人にとんでもない事をされました

土建風の3人組で
1人は歳をくっていて
その者がとんでもない事をしたのです

なんと私と手を繋いでいた娘の脚の前に
脚を出して転ばしたのです

2017j1.png

『何をするんですか?』

三人組は大衆の面前だというのに
ニヤニヤ

『娘に謝ってください』と言うと
まるでこちらが
いちゃもんつけた態度をとるのです

そして私に
グチャグチャの名刺を見せてぎました

2017j2.png

『この人と知り合いだから・・・』

『だから何?』と言うと
脅しが効かないと分かったのか

シッシと向こうに行けの
ジェスチャアをするではありませんか?

すぐ近くにいた警察官達の無能な事

『この人と知り合いだから』と
グチャグチャの名刺を見た途端に態度変えて
私に向かって
『脚が当たっただけでしょ』と言うではありませんか?

2017j3.png

泣いている娘を見ても
何も思わない警察官達にも腹が立ちました

『もう一度名刺見せろ!』
私は怒鳴りました
キョトンとした年配の者はすぐに出しました

名刺に記載されている電話番号に電話すると
奥さんらしき女性が出て
事情を説明すると
『うちの人すぐ近くにいますから』と言いました

『すぐ来るから・・・』と三人組に言うと
逃げようとするのです

『待てや!』
留めさすのに必死でした

2017j6.jpg

こんなに人が
沢山いるのに見て見ぬふり
そのはずです

日本人がいないのです
津市の怖い所は
日本であって日本でない感じです
日本語を喋っている観光客が少ないのです

仮に日本人がいたとしても・・・
見て見ぬふりするだけ

警察官達も唖然として動きもしない
すると3分くらいで5人の怖い人達が・・・

名刺を見せて
事情を説明すると
『何処から手に入れた?』と頬を叩いていました

やはり・・・といった感じでした

仲の良い者ならば
暴力団対策法があるのに
相手が窮地に陥る事はしません

2017j4.png

組長さんらしき人が
娘に向かって
『ごめんなー』と言いながら
近くの屋台からぬいぐるみを8個持ってきてくれました

『お手数かけました』
『いえいえこちらこそ迷惑かけました』

3人組は何処かに連れて行かれました

その間
警察官達は見ているだけ・・・
なんという事でしょうか?

それにしても
津祭り
あれだけ人がいても
知らんぶりとは・・・

海外でもこんな事はありません
怖いのは人間だと痛感しました


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています



精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?
アダルトアフィリエイトに最適ですよ



DVD/CDレンタル(44万タイトル以上!!)

[ 2020/03/26 18:49 ] ヤバイ体験 | TB(0) | CM(0)

【第161話】海から2本のタコの足がゆらゆらと・・・タコの足だと思っていたら正体は大きな大きな蟹だった!この世のものとは思えない蟹に喰われるか連れていかれそうになった

これは小学6年生の時の話しです

母親が霊媒師さんと付き合っていた時
(※話中によく出る霊媒師さんとは別人です)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の4)第16話:
不浄と縁の無いはずの霊媒師が母親と不倫してしまった・・・
色欲の情に対する結末は恐ろしかった!
天罰はこんなにも重いのか
https://occult110.blog.fc2.com/blog-entry-16.html


霊媒師さんの職場がある
音戸大橋近くの鉄工所に
よく釣りに行っていました

2017h3.png

釣りをする者が他にいないので
魚影の濃い場所で
わんさか釣れました

夏のある日
いつもの様に釣りをしていると

外面からタコ?の足が二本出ています

2017h5.png

ゆらゆらと・・・
私を誘っているみたいでした

そこはあまり深い場所ではなく
腰くらいの深さでした

タコくらいなら
手で掴めそうと思っていました

海に入り近づいても
タコの足はゆらゆら・・・
逃げる気配はありません

2017h2.png

後3mくらいの距離の時でしょうか

私の様子を見に来た霊媒師さんが
声を張り上げました

『陸に上がれ!』
『そっち行ったらいかん!』

後で聞いた話しですが
私がタコだと思ったのは
大きな大きな蟹だったとか・・・

2017h4.png

あんな大きな蟹は見た事もなく
とてもこの世のものでなかったとか

私は
確かにタコの足を二本見たのに・・・

幻覚を
見せられていたのかもしれません

2017h1.png

もしあの時
霊媒師さんが来なかったら・・・
私は喰われているか
あの世に連れて行かれたかもしれません

貴方の周りにもありませんか?
その海から出たタコの足・・・
大きな蟹が誘っているかもしれません


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています





精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ くる天 人気ブログランキング


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?
アダルトアフィリエイトに最適ですよ



DVD/CDレンタル(44万タイトル以上!!)

[ 2020/03/19 17:52 ] ヤバイ体験 | TB(0) | CM(0)

【第160話】土砂降りの中いきなり歩道から目の前1mの位置で老人が走って飛び出してきた・・・警察官の『あんたが轢いたと言えばすぐに解決するんだよ』という言葉に怒りで身体が震えてしまった

これは横浜の港北区の出来事です
今から22年前の話しです

人売り業者から紹介された
新聞店での夕刊後・・・
雨の中
古紙回収を頼まれました

2017g5.png

物凄い雨が降っているにも関わらず
古紙回収は7袋
しかも野ざらしで水を吸い込み
しかも悪意があるのか
どうやら中身は新聞ではなく
全てカタログでした

17時迄に回収しなかったら
契約を解約するとか無理難題でした

店長の受け持つ区域でしたが
夕刊後に回収してくれと強制されました

店長は余程嫌われているんだなと思いながら
古紙袋をバイクの後ろに積みました
重くて重くてフラフラです

全部積めません

皆さんは
何往復もすればいいのにと思うでしょうが

往復するだけで40分かかり
しかもこの雨
無理でした

三回に分けてバイクに積んで
他の屋根のある所に移し運ぼうと思いました

二袋でもカタログに
水が含んでいて
相当重くて異常でした

ビリビリに破けた古紙袋から
通販のカタログが飛び出ています・・・
(客の)物凄い嫌がらせだと思いました

そんな風に思いながら店に帰っていると
どしゃ降りが
台風並の勢いで降りだしました

そして悲劇が起こりました

ある団地の前を走っていると・・・
横断歩道が無いのに
目の前1mくらいの距離で
いきなり歩道を歩いていた老人が
対向車線にバスが来ているのを見て
こちらに確認もせず
走り飛び出してきたのです

2017g1.png

まさかの1mくらいの距離で・・・

必死に避けて転倒しましたが
バイクの足掛け部分が
老人の足に当たったみたいで
『痛い痛い』と叫んでいました

『大丈夫ですか?』と
声をかけると唾を何度も顔をかけられ
罵声を浴びました

『警察!』
『警察呼んで!』
そして歩道を歩いていた人に呼びかけていました

私は携帯電話で
すぐに救急車を呼びました

2017g4.png

警察がすぐに到着すると
『こいつに轢かれた』と言うのです

しかも私の話しを聞かずに
港北区の警官が
『あんたが轢いたと言えばすぐに解決するんだよ』と言うのです

私は強く
『目の前1m前で避けれるわけないでしょ!』と言うと

老人に向かって
『反省する気ないから民事もしないと!』と
笑いながら言うではありませんか

2017g7.png

犯罪者扱いです

警察官が
手錠をチラチラ見せてニヤついていました

しかも
『ブレーキかけれないほどスピード出していたんやろ?』
『新聞屋はろくでもないからな』
『高齢者が走れるわけないだろ!』

悔しくて泣きそうになりました

その時です

『お父さんが悪いんでしょ!』と
40代の娘さんが駆け寄ってきました

どうやら心配で
団地のベランダから見ていたそうなのです
『新聞屋さんの前に飛び出して!』と怒っていました

これにすぐ態度を変えたのは
警察官でした

さっさと引き上げました

老人も救急隊員に
早く運んでと合図していました

老人には無視されていましたが
何度も何度も謝罪し娘さんにも謝りました

娘さんに
『あれではぶつかるから』と
言って貰えたのが救いでした

バイクに乗り店に戻ると
怒声が飛んできました

古紙回収で店に戻る度に・・・
顔を見る度に暴言と暴力を受けました

古紙回収が終わると
病院に向かいました

お金にきつかったのですが
妻に無理を言って1万円出して貰いました

色々と買って病室に行くと
『ビール券1000枚とクオカード1000枚持ってこい!あほ!』と言われ
果物の詰め合わせをほうり投げられました

看護婦さん達に
『放っておいた方がいいよ』と帰宅を促され

2017g3.png

帰りに
呼び出されていた警察署に行きました

状況を説明すると
先程の娘さんも連絡してくれたらしく
違反キッブはきられませんでした

『運がいいな!』
何が運がいいんでしょうか?

ですが
あの警察官と同じように
ニヤついていたのは異常に感じました
港北区の警察官ってこんな感じなのでしょうか?

店に戻ると
あの老人の息子二人が
他市で新聞をとっていたらしいのですが
新聞本社に
私の名前を出して解約したとか・・・
更に暴言と暴力を受けました

2017g2.png

そして借用書を書けと強要するのです

バイク代30万と
あの老人に渡した200万円

驚きました
バイクの修理代は
保険でおりてるはずなのに・・・

今まで暴言と暴力に耐えていた私は
初めて暴力を返してしまいました

店長をテーブルに叩きつけ
『あいつに本当に200万払ったんか!』と
怒鳴ると嘘だと言うのです

店長に店止めると伝え
嫌がらせするなら警察連れて行くぞと
脅してしまいました

2017g6.png

これ以上
暴言と暴力に耐えられませんでした

それにしても
あの警察官の言葉・・・
今でも忘れられません

心が醜くなっていく自分に
嫌気を感じはじめていました

そして二度目の自殺未遂に繋がりました

字数が多い為
また後程アップしたいと思います

貴方の周りにもありませんか?
心無い警察官の言葉に屈してはいけません


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています



精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ くる天 人気ブログランキング


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?
アダルトアフィリエイトに最適ですよ



DVD/CDレンタル(44万タイトル以上!!)

[ 2020/03/18 07:37 ] ヤバイ体験 | TB(0) | CM(0)